TOPICS

  • 【2017/10/22】本日のお葬儀欄更新しました。
  • 【2014/04/01】消費税増税に伴いリニューアルしました。
  • 【2009/03/15】リンク切れを修正しました。
  • 【2008/08/10】携帯版ホームページ追加しました。
  • 【2008/07/18】ホームページ開設しました!
  • 【2008/06/13】生月会館オープンしました!
  • 【2008/05/01】葬儀の予算が立てやすい『コース料金』を設定しました。

ABOUT

■ごあいさつ

 この世は無常なればこそ、誕生の喜びの数だけ死の悲しみもやってきます。この世に生を受けた以上「死」は遅かれ早かれ避けることは出来ません。そんなこと誰だって分かっています。いるはずです。普段は分かっています。でも・・・
 「死」は時として突然に訪れ、愛する家族を奪い取って行きます。そんな時、残された家族の心の内は嵐の中の小船にも等しく、不安の波に今にも呑み込まれそうになります。「死」が必ず人生に一度訪れることが分かっていても「愛する家族の死」を迎えた時には愛する家族であるが故、遺族は深い悲しみとやるせない怒りにも似た感情に襲われます。
 しかし、まず優先すべき事柄は、亡くなった故人を手厚くお送りするという現実があります。葬儀を執り行ったからといって、悲しみがすべて癒されるわけではありませんが、家族として、人として、故人を感謝の心で送るということは当然のことではあります。
 私たちスタッフは大それたことは何もできません。私たちにできることは、残されたご家族のお話に耳を傾け、ご家族にとって悔いのないご葬儀を提案し実行させて頂くこと。愛するかたの「死」という現実を葬儀という形で少しでもやわらげていくこと。大事なことは葬儀に関して遺族に不安をいだかせないこと。
 お葬儀後のご遺族の悲しみの中の一瞬の笑顔や安心感。それが私たちの目指すものです。暗闇の中の一筋の光、嵐の中の案内役、そんな思いを私たちはいだきます。

■セレモニーホール聖宮(せいぐう)について

 当葬儀場は平成16年7月に開業しました。平戸本店は市街地から車で約5分の静かな郊外に立地しています。生月会館は舘浦と壱部浦の中間の黒瀬というところにあります。平戸市には他にもいくつかの小さな葬儀会館がありますが市内では会館設備・駐車場・サービス共に最高の規模を誇ります。これまで開業後900件を越える葬儀を施行させていただきましたが、ご利用いただいた皆様からおかげさまでご好評を得ております。

New Release



Access Counter